小学校のときの運動会のマラソンについて深く考えた~長距離嫌い

73キロから57キロへの道

いまランニングを習慣化させるべくトレーニングをしています。

ランニングを始めたきっかけは2019年12月1日(日)に開催される大阪マラソンでフルマラソンにチャレンジすることになったから。

12月1日開催!大阪マラソン2019にエントリーしました
いつかは走ってみたいと思っていたフルマラソンに挑戦します。 2019年12月1日(日)に開催される大阪マラソン2019にエントリーしました! 大阪マラソ...

そんな話をすると「走るのが好きだったのですね」と聞かれますが

大嫌いっ!

です。

正確にいうと「大っ嫌いでした」

いま、出場を決めてからこの1ヶ月半、練習をして「大嫌いではないかも」と思い始めています。

グラウンドを走ればシールをもらえる!しかしぐるぐる回るのが面白くない

小学校のとき、日本地図(だったと記憶している)のいたるところに〇が書かれているシートを渡されました。

小学校のグラウンドを1周すればシールがもらえ、その日本地図の〇の部分が埋まっていくというものでした。

私の性格からしたら

これは燃える!

はずだったのですが、辛い!そして、同じ場所をぐるぐる走るのは風景の変化も楽しめずおもしろくない。

それに私は家から小学校までの約4キロを歩いて通っていたので「もう十分です」感があり、まったくシールが貼られることがありませんでした。

ある意味、放任状態の小学校だったのでやらなかったからといって罰せられるわけでもなかったのが何よりです。

運動会のマラソン

なぜ、この種目があるのが謎でした。

それにマラソンは全員参加。それも同学年の生徒が一斉スタートします。

ベビーブームの真っただ中に生まれた私の世代、学校の狭いグラウンドで一学年が一斉に走る状態に無理があるわけで

大漁の芋洗い状態

詰まって流れない流しそうめん

巨大なマイムマイム

になっており、マラソンとはいいがたい絵面。

それでも学年のスター選手(だいたい、バスケ部かサッカー部)は断トツで上位に入るんですよね。

なんで、バスケ部員ってオールマイティーにスターになれるんだろう。(スポーツ、勉強、ルックスなど)

テニス部の練習前のランニング

中学校に入り、テニス部に入りました。

球を打つのは好きでした。またコート内のダッシュも苦にならなかったのですが、練習前のランニングが辛い。

先輩も足がはやったのでついていくので精一杯。コートに戻ったら息があがり、数分間は草むらに倒れ込んでいました。

高校時代

漫画研究会と美術部に所属していたため、ランニングとは無縁の生活に突入。

Gペンよりも重いものは持たないだろう

と思っていましたが、コミケデビューを果たすと、段ボールに入った同人誌を運ぶことに。

ランニングによる持久力はつきませんでしたが、腕の筋肉は衰えませんでした。

アメリカ時代、「走ることができぬ」体重に!

高校を卒業してアメリカへ。

英語がまったくわからず、一日20時間勉強をする生活に突入。

ストレスから…といいたいところですが単に食べることが好きだったのでカフェテリアでの3食のごはん以外に、休み時間にはホットドッグ(チーズのせ)、夕食前にはデイリークイーンでオレオクッキーがのったアイスを食べたので体重が激増。

いまも太っていますが、18歳のときは81キロありました。

ゆえに「走ることなど、できぬ」体になってしまいました。

オランダでウォーキング

81キロあった体重ですが、19歳のときに暮らしたオランダで減量し64キロまで落としました。

これはひたすら歩いたからです。

またヨーロッパの普段のごはんはいいいみでシンプル。ライムギパンとチーズとサラダ、ハトの肉のオーブン焼き、イワシのマリネなど、あっさりしたものを食べ、ひたすら歩いたので、体重が落ちたのですよ。(その代わりキメの日の外食はがっつりフルコース)

オランダ時代はランニングはしませんでしたがウォーキングの効果は実証した感じです。

灼熱のカンボジア時代

暑すぎて走れませんでした。

あと、私がいたときは治安もよくなかったので18:00以降は外出できませんでした。

あれから何十年

オランダ時代からすでに何十年もたち、代謝は比べ物にならないほど落ちていますが

走る

あっさりしたものを食べる

と、減量できるはずです。

ついにランニングをする日がこようとは

しかし、これだけランニングが嫌い+やってこなかった私がランニングをする日がこようとは夢にも思っていませんでした。

小さい頃からのリベンジを果たす日が来た感じですね。

※リベンジって、なにと戦っていたのかは不明です。

チャリティランナーとしてファンドレイジングに挑戦中

今回「誰も取り残さない」を目標にして南アジアの人々の生活上の問題解決に向けた活動を続ける「特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会」(シャプラニール)の「過酷な児童労働からの解放へ!バングラデシュの少女たちに教育を。」の実現のためチャリティランナーに申し込みました。

今回応援をいただいた支援金額がすべてシャプラニールの活動資金となります。

女の子たちの未来のために応援をお願いします!

1キロ走るごとに100円を認定NPO法人D×Pに寄付します

通信制高校・定時制高校の高校生に特化してサポートする認定NPO法人D×Pに1キロ走るごとに100円を私が寄付しています。

6月10日(月)3.40キロ

6月14日(金)7.25キロ

6月16日(日)11.18キロ

6月18日(火)7.35キロ

6月20日(木)8.28キロ

6月23日(日)20.02キロ

6月25日(火)3.52キロ

合計:61.00キロ(6,100円寄付しました!)

▼走れば走るだけ寄付のチャレンジはこちら

ゴビ砂漠マラソンと同じ距離の250キロを走って認定NPO DxPを応援します!|Syncable
通信制高校・定時制高校の高校生に特化してサポートする認定NPO法人D×P代表の今井紀明さんがゴビ砂漠マラソン250キロに挑戦します!大人がいくつになっても挑戦できる姿を見て、子どもたちが何かを感じるきっかけになってほしいと、灼熱の砂漠で250キロも走る、今井さんのチャレンジに感銘を受けました。201

投稿者プロフィール

鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
アメリカ、オランダ、ドイツ、カンボジアでの海外生活15年の青森県民。現在は東京都在住。認定ファンドレイザー。社会的インパクト・マネジメント/ITコミュニケーションとファンドレイが守備範囲。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました