理念・事業内容

理念

「誰もが生きていてよかったと思い、”生き切る”世界をつくる」

ボーダレスになった社会だからこそ、多様性を尊び、認め合うことで誰もが生きていてよかったと思い、”生き切る”世界をつくる支援をしていきます。

事業内容

団体・法人・個人問わず、ソーシャルセクターのプロジェクト形成や評価、プロジェクト運営、ファンドレイジングなどトータルな施策づくりと実施の支援をします。

プロジェクトの規模やかかる工数により費用が異なります。まずはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。相談は無料です。

理念を実現化するために大切にしている視点

多様性を尊ぶInterculturalの視点

「多様性を尊ぶこと」を常に大切な視点としています。

鎌倉はアメリカ・バーモント州の大学院大学School for International TrainingでIntercultural Mangement(異文化経営学)で修士号を取得。異なる文化を持つ人たちがいる環境で、どのようにコミュニケーションの深化させ、円滑な経営を図り、プロジェクトを成功に導くかを学びました。

卒業後、国際協力NGOの職員として内戦の傷跡が残るカンボジアでの教育支援活動や東日本大震災の現場でのプロジェクト形成と運営に携わり、多様性を認め合いながらすすめるプロジェクトマネジメントを実践しました。

震災などの緊急事態が発生すると、いままで見えていなかった社会課題が一気に表面化します。その解決のためには「さまざまな経験、背景、考え」を持った人が協働しあうことが重要であり、そのためには平時からの相互理解・ネットワーク構築が不可欠です。

どのような状況下でも多様性を尊ぶ視点を基本とした人と人とのコミュニケーションを促進し、プロジェクトを形成・運営を支援することで誰もが生きていてよかったと思い、”生き切る”世界づくりの実現を支えます。

ファンドレイジングを通じ、組織力強化を支援する視点

ファンドレイジングの相談を受けると「ファンドレイジングを実施して達成しても、事業はちゃんと実施されるのだろうか」「どのような成果を期待して事業を実施するのだろうか」と思うケースがあります。

ファンドレイジングを達成しても事業が実施されなければ事業不履行で信頼を失うことになります。また、実施する活動を通じて達成するべき成果が見えなければ共感の輪は生まれません。

ファンドレイジングの施策づくりと並行して、プロジェクト運営や組織力強化へのアドバイスを同時に行います。

ファンドレイジングは社会参画の機会であるべきという視点

ファンドレイジングは単なるお金集めではなく、社会課題を解決するための社会参画の機会だととらえています。

社会参画と聞くと、会議に出席したり、現場に駆けつけてボランティアをするイメージがありますが、時間などのさまざまな制約で参加できないこともあります。

でも何か関わりたいという思いを持っている人が「寄付すること」も社会課題を解決するための社会参画のひとつです。

オープンガバメントで謳われている「透明性の確保」「参画」「協働」のプロセスを意識しながら、寄付をしてくれた人への報告などの仕組みづくりを通じて、社会参画をした実感を持ってもらえるようなファンドレイジングのプログラム構築を支援します。

お問い合わせはこちらから

タイトルとURLをコピーしました