【参加者募集】社会的インパクト・マネジメント研修 基礎コース<11月27日(水)、28日(木)@早稲田>

社会的インパクト評価による事業改善や意思決定を、組織文化にする「社会的インパクト・マネジメント」です。

活動によって生まれる変化・成果をしっかりと捉え、事業を振り返りながらより良い成果を創り出していくプロセスを学びます。少人数形式で、体系的に習得できる2日間のプログラムです。鎌倉は講師を務めます。

詳細・お申込みはこちらから

アメリカ横断のため国際免許証を取得する方法【一人でアメリカを横断してみた】

一人でアメリカを横断してみた

アメリカの大地を一人で運転して横切ることを決め、往復のチケットとレンタカーを予約した私。

そして気がついた。免許がいるじゃん!

ということで、東京都内で国際運転免許証をゲットすることにしました。

国際免許証は1時間もかからずに簡単に取れます

海外旅行のTIPとして国際免許証の取り方についてお知らせしますね。

国際免許証の申請のために必要な書類

国際免許証は、申請したらその当日に受け取れます。試験や視力検査はありません。必要なものは、

  • 運転免許証
  • 写真1枚(縦5センチメートル×横4センチメートル、無帽、正面、上三分身、無背景、枠なし、申請前6か月以内に撮影したもの。)
  • パスポート
  • 古い国外運転免許証をお持ちの方は、その国外運転免許証も持参。
  • 2,350円

上記の情報は2018年12月17日(月)のものです。最新の情報は警視庁のページをご覧ください。

国外運転免許証取得手続(本人による申請)(警視庁)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/menkyo/menkyo/kokugai/kokugai01.html

注意すべきは写真です。

私はメトロの駅にある証明写真で撮りましたが、縦5センチ×横4センチのサイズのものがなく大きめのサイズで撮影しました。

顔がうまく枠内に収まっていたのでセーフでしたが、撮影のし直しになったかもしれません。

実際「枠に入るかなぁ?」と受付のおじさんがいっていました。

センターに証明写真の機械があるので、メトロの駅の証明写真で無理やり取らずに、センターで撮るのが安心かもしれません。

申請の書類はセンターの受付でもらえます。

申請のプロセス

  1. 総合案内に行き、「国際免許証を作りたい」旨を伝えます。すると受付の人からパスポートと免許証を出すようにといわれます。
  2. パスポートと免許証を出すと、国際免許証の申請フォームを渡してくれるので、記入しましょう。
  3. 申請フォームを書いたら、会計のブースに行き2,350円を払います。
  4. 支払った後、写真を渡すブースがあります。そこに写真を渡すと、少し待つようにいわれます。
  5. 完成。国際免許証の署名欄にサインをするようにいわれます。サインをして、免許証についての簡単な説明を受けて(1分程度)終わり。

以上です!

私は平日の13:30頃行きましたが30分かからずに終了しました。

受付場所や日時はウェブで検索してみてくださいね

どこで取得できるかは、ウェブサイトで「国際運転免許」「自分の住んでいる都道府県」で検索すれば出てきます。

私は神田にある運転免許更新センターに行きました。

三田線であれば大手町のC1出口を出て、歩くとすぐに「神田橋」交差点があります。

▲こちらを右に曲がります

▲右に曲がって2分ほど行くとビルの看板を発見

▲警視庁神田運転免許更新センター

▲受付は3階となります

▲免許はジュネーブ条約加盟国で有効

▲渡航した際には、日本の免許証もお忘れなく

アメリカは高速道路が無料のところがほとんどだし、楽しめそう!

準備は整った!あとはアメリカを横切るだけだ!

投稿者プロフィール

鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
アメリカ、オランダ、ドイツ、カンボジアでの海外生活15年の青森県民。現在は東京都在住。認定ファンドレイザー。社会的インパクト・マネジメント/ITコミュニケーションとファンドレイが守備範囲。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました