ニューヨーク公共図書館が3月のプログラムやイベントを一時中止 NYPL’s Public Programs and Events Suspended During March

一人でアメリカを横断してみた

日本時間の3月13日(金)0:21に届いたニューヨーク公共図書館からのメールニュースには、3月中のプログラムはイベントを一時中止にするお知らせでした。

As you know, we are all facing a difficult public health situation, the spread of novel coronavirus (COVID-19). It is an unsettling time for all, and I assure you that the Library—a trusted institution providing critical services in every neighborhood—is in close communication with the City and doing everything possible to protect its patrons and our staff. In that vein, and in support of the City’s efforts to limit the spread of COVID-19, the Library has decided to suspend all public-facing programs beginning Friday, March 13, through at least the end of March. This includes all events (classes, programs, workshops, etc.) at our 92 locations, which as of now remain open with regular operating hours.

Please know that this was not an easy decision for us to make. The Library’s robust schedule of programs is an important resource for New Yorkers of all ages. However, out of an abundance of caution, we feel that this is the best way that the Library can support the City’s efforts to discourage crowds during this challenging time.

All our libraries across the Bronx, Manhattan, and Staten Island remain open. The Library continues to provide free and open access to books, public computers and Wi-Fi, and the expert recommendations and help of our staff. Patrons are encouraged to visit the Library to complete the critical 2020 Census and learn about why an accurate count is so important. NYPL also offers an array of resources that patrons can access at all times outside of our branches, including the free e-reader app SimplyE and several online databases.

As we receive new information, we will continue to update you on our coronavirus webpage. Please use the resources on our website and reach out to Ask NYPL with any questions you may have. And thank you for your patience and understanding as we work to best serve and protect our patrons and staff. At times like these, even if we cannot physically gather together, we need to support one another.

Thank you,

Tony

Anthony W. Marx
President, The New York Public Library

私の訳です。

ご存知のように、私たちは新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延という困難な公衆衛生状況に直面しています。すべての人にとって不安な時期です。図書館は、近隣において重要なサービスを提供する信頼できる機関であり、市と密接に連絡を取りながら、利用者とスタッフを保護するためにあらゆることを行っています。COVID-19の拡散を制限する市の取り組みを支持し、図書館は、3月13日金曜日から少なくとも3月末まで、すべての一般向けプログラムを停止することを決定しました。これには、現時点では通常通り開館している92カ所の図書館で開催されるすべてのイベント(クラス、プログラム、ワークショップなど)が当てはまります。

これは私たちにとって簡単な決定ではありませんでした。図書館のプログラムは、あらゆる年齢のニューヨーカーにとって重要なリソースです。しかし、十分な注意が必要であり、この困難な時期に、落胆している市民のためにと行っているニューヨーク市の取り組みを支援することが図書館としても最良の方法であると感じています。

ブロンクス、マンハッタン、スタテン島のすべての図書館は開館しています。図書館は、無料でオープンアクセスの書籍、公共のコンピューター、Wi-Fi、専門家による推薦とスタッフからのサポートを引き続き提供します。重要な2020年国勢調査を完了し、正確なカウントが非常に重要である理由について学ぶために、図書館を訪れることをお勧めします。ニューヨーク公共図書館は、無料の電子リーダーアプリSimplyEやいくつかのオンラインデータベースなど、顧客が分館の外からでも、いつでもアクセスできる一連のリソースも提供しています。

新しい情報を受け取り次第、コロナウイルスについてウェブページで更新し続けます。当社のウェブサイトのリソースを使用し、質問がある場合はニューヨーク公共図書館に問い合わせてください。利用者のみなさまとスタッフのために最善のサービスと保護に努めておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。このような場合、物理的に集まることができなくても、お互い支え合う必要があります。

ありがとうございました、

トニー

アンソニー・W・マルクス
ニューヨーク公共図書館館長

▼ニューヨーク公共図書館のコロナウィルス関連の情報まとめサイト

https://www.nypl.org/about/coronavirus?utm_source=eNewsletter&utm_medium=email&utm_content=NYPLUpdate_20200312_COVID19Update&utm_campaign=NYPLUpdate_COVID19
タイトルとURLをコピーしました