IFLA(国際図書館連盟)のEvidence for Global and Disaster Health (E4GDH) Special Interest Groupのメンバーになりました

緊急救援・復興支援

2019年8月24日から30日までギリシャアテネで開催されたIFLA(国際図書館連盟)のWorld Library and Information Congress(世界図書館情報会議)に内2日間参加しました。

IFLA WLIC 2019 - Live Stream — IFLA WLIC 2019

8月28日にEvidence for Global and Disaster Health (E4GDH)Special Interest Groupのセッションに参加しました。

このE4GDH SIGは、災害への備えやリスク軽減など、グローバルな災害に関する情報の照合、組織化、評価、展開において、図書館員とそのサービスがどうあるべきかを議論しているグループです。

東日本大震災後の岩手県で移動図書館プロジェクトを形成した経験を、シェアしたいお話をセッションの中でしたとき「ぜひ、メンバーがやり取りをしているグループにジョインして」といわれました。

移動図書館事業|国内での活動|活動内容|公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会(SVA)
移動図書館事業

今日、ディスカッションしているグループに入れてもらいました。メンバーのみなさんの議論を追いながら、日本からのインプットもしていきます。

グループはBasecampを使って議論しているのですね。名前は聞いていましたが、初めて触りました。それも新鮮!

投稿者プロフィール

鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
アメリカ、オランダ、ドイツ、カンボジアでの海外生活15年の青森県民。現在は東京都在住。認定ファンドレイザー。社会的インパクト・マネジメント/ITコミュニケーションとファンドレイが守備範囲。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました