3.11から今日で8年‐18,500人以上の死者・行方不明者を思い岩手県陸前高田市で黙とうしました

緊急救援・復興支援

2011年3月11日に発生した東日本大震災から今日で8年が経ちます。

東日本大震災では18,500人以上の方が犠牲になりました。

自分や家族が無事であっても、「あの光景」を見たことでいまでも強いストレスを感じている人たちもいます。

私は、仕事をしていた岩手県陸前高田市の仮設住宅団地があるモビリアで開催された「黙祷と献花の集い」に参列しました。当初は高台で予定されていた集いですが、今日はあいにくの悪天候のため北集会場で開催されました。

2時46分になると、陸前高田市内にサイレンが鳴り響き、それに合わせて静かに目を閉じました。

1分の間、いろいろな思いが交差して、涙が出てきました。

陸前高田市は盛土はだいぶ進んでいますが、まだ、前にあった中心地に人が戻ってきていません。

いまは東京でのオリンピックの工事などもあり、人手が足りないようです。

震災直後は「邪魔になるかも」と思って、東北に来るのをためらった方も、いまだから来てもらいたいと思います。

新幹線の駅から、在来線で移動もできます。また、今回の私のようにレンタカーを借りて移動するのもありですよ。

ぜひ、東北に足を運んでみてください。

投稿者プロフィール

鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
アメリカ、オランダ、ドイツ、カンボジアでの海外生活15年の青森県民。現在は東京都在住。認定ファンドレイザー。社会的インパクト・マネジメント/ITコミュニケーションとファンドレイが守備範囲。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました