【参加者募集】社会的インパクト・マネジメント研修 基礎コース<11月27日(水)、28日(木)@早稲田>

社会的インパクト評価による事業改善や意思決定を、組織文化にする「社会的インパクト・マネジメント」です。

活動によって生まれる変化・成果をしっかりと捉え、事業を振り返りながらより良い成果を創り出していくプロセスを学びます。少人数形式で、体系的に習得できる2日間のプログラムです。鎌倉は講師を務めます。

詳細・お申込みはこちらから

サントリーニ島の港で「ギリシャ女一人旅」を心配される

ギリシャ

やってきましたサントリーニ島!地中海の海や太陽がキラキラ光る島です。

ミコノス島から船に揺られること4時間。本当に船が揺れたので船酔い状態での到着でした。(船酔いの話はまた別に書きます)

船から降りてすぐやるべきことは、ホテルまでのタクシーを確保することでした。港には「タクシー?」「タクシー?」と威勢よく声をかけている人たちがいますが私は無視されまくり、こちらから逆ナン(ナンパではないビジネス的な交渉だから)するのもどうなのかと思い、歩いていると目に留まったのが

EXPRESS TRANSFER SERVICE TO ALL DESTINATION

どんなところにでも行くエクスプレス移動サービス

(商売のネーミングとしては翻訳が雑な感じですいません)

です。

たくさんの観光客が列をつくって申し込みをしているので、これは「乗るしかない」と思い申し込みました。

申し込みが終わり、支払いを済ませると、男性の係員が私のスーツケースを持って、車まで運んでくれました。

男性「サントリーニにようこそ」

鎌倉「ありがとうございます。ギリシャに来るのは初めてなのですよ」

男性「そうですか。よい滞在になるとよいですね。あれ、一人旅ですか」

鎌倉「はい、一人です」

(少しの沈黙)

男性「それはそれは。あなたは強い女性だ」

鎌倉 うなずく

(沈黙)

男性「サントリーニ島のどこを回る予定ですか」

鎌倉「特に決めていないけど、ワイナリーですかね」

(沈黙)

鎌倉「サントリーニ島は崖が多いんですね」

男性「!」

移動する車に乗ると、みんなカップルか家族で来ているようです。

少し前は日本でも、女性が温泉宿に1人で泊まると、よからぬことをするのではないかと予約を断られたり、外に出ると誰かが後をつけて確認していたりしていたそうですね。

女性一人旅

酒を飲みたがっている

崖が気になっている

これらのキーワードが男性スタッフを震えさせたのかもしれません。いきなり、背後から演歌が流れてくる、、、そんな錯覚さえ起きてしまいました。車に私のスーツケースを積んだ男性スタッフが、私を見つめる目が「命、大事に」と語りかけているようでした。

大丈夫。

このエーゲ海の太陽の下で、エネルギーチャージをするからー。

ということで、サントリーニ島上陸です。

投稿者プロフィール

鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
アメリカ、オランダ、ドイツ、カンボジアでの海外生活15年の青森県民。現在は東京都在住。認定ファンドレイザー。社会的インパクト・マネジメント/ITコミュニケーションとファンドレイが守備範囲。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました