青森市で約10キロラン!体重がついに60キロ台に突入!!【大阪マラソン2019まで157日】6月27日(木)

大阪マラソンへの道

今日は、第70回北日本図書館大会青森大会で基調講演の講師を務める日です。

「ゼロから図書館をつくる」と題して、お話をさせていただきます。

▽今回の講演で着るワンピース!ブルーベリーブルー

昨日は叔母の手術もありトレーニングをする気分ではありませんでしたが、今日は、気合を入れるために、朝、ランニングをしました。

今回は実家のある弘前市から青森市まで車で通う予定でしたが、叔母の手術が青森市で行われ、また第70回北日本図書館大会青森大会も青森市で開催だったので、青森駅の近くに宿を取り宿泊しました。

1日おきに走っている私。そして今日がランニングの日なので青森市で走れる場所を探しました。

今日のトレーニング

「走ろうにっぽん」のサイトにあった、青森港沿いを走るコースを発見しました。

ランナーに人気!AOMORIマラソン10kmコース(青森市) | 青森 | 東北地方 | 走ろうにっぽんプロジェクト
走ろうにっぽん「ランナーに人気!AOMORIマラソン10kmコース(青森市)」のページ。走ろうにっぽんは、ランニングコースという観点から日本の魅力を再発見するプロジェクトです。皆さまに投稿いただいたランニングコースから、都道府県別の10撰を投票で決めていきます。

ホテルから港まで1キロくらい。そこから合浦公園まで走り、折り返すことにしました。

合浦公園は、青森市民が集う場所です!太宰治の『津軽』にも出てきます。

▽海を見ながらYOGAをする方もいました

▽合浦公園の中には動物園もあります

▽折り返してホテルの戻る途中、青森県庁がありました。

いのち大事に

▽映画館も発見

シネマ・ディクト
青森市の映画館、シネマディクトです。最新上映案内や招待券プレゼントを行っております。

▽9.14キロ走りました!

青森市内のホテルに宿泊したのは初めて!(実家の弘前市にいれば、青森市は電車で1時間程度なので泊まる必要なし)

ただ、今回は泊まって、ランニングまでできてうれしかったです。

ウォーターフロントのランニングは気持ちがよいですね!

「青森まちなかおんせん」を有する青森センターホテルに泊まりました

青森市内・駅近に天然温泉を楽しめる場所があります。

青森まちなかおんせんです。

青森まちなかおんせん【公式ホームページ】

この温泉の上にある青森センターホテルに2泊しました。

今回も9キロのランニングのあと、部屋に戻りバスタオルと宿のパジャマを持って温泉へGO!ゆっくり汗を流しながら、足のマッサージをしました。

水風呂もあるので、温泉と水風呂に交互に入り、代謝を上げました。

朝から幸せです!

青森センターホテル<公式>【最安価格宣言】
青森県青森市にある天然温泉が魅力のビジネスホテル。JR青森駅徒歩約5分。無料の朝食バイキング、無料でご利用いただける天然温泉の「青森まちなかおんせん」、雪でも安心な「青森まちなかパーキング」を備えた、泊まるだけじゃない 癒しと暖かさを皆様にご提供致します。

今日の体重と体脂肪

おおおおおおおおおおおおおおお!70キロを切りました。

体重:69.6キロ(MAX時からマイナス2.8キロ)

体脂肪:- %(MAX時からマイナス3.0%)
※温泉の体重計に体脂肪計がありませんでした

開始時(2018年11月17日MAX):身長162.2㎝、体重72.4キロ、体脂肪率41.2%

そういえばちょっとお尻がリフトアップしている気がする。

せっかく60キロ台になったので、これをキープしよう!

チャリティランナーとしてファンドレイジングに挑戦中

今回「誰も取り残さない」を目標にして南アジアの人々の生活上の問題解決に向けた活動を続ける「特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会」(シャプラニール)の「過酷な児童労働からの解放へ!バングラデシュの少女たちに教育を。」の実現のためチャリティランナーに申し込みました。

今回応援をいただいた支援金額がすべてシャプラニールの活動資金となります。

女の子たちの未来のために応援をお願いします!

1キロ走るごとに100円を認定NPO法人D×Pに寄付します

通信制高校・定時制高校の高校生に特化してサポートする認定NPO法人D×Pに1キロ走るごとに100円を私が寄付しています。

6月10日(月)3.40キロ

6月14日(金)7.25キロ

6月16日(日)11.18キロ

6月18日(火)7.35キロ

6月20日(木)8.28キロ

6月23日(日)20.02キロ

6月25日(火)3.52キロ

6月27日(木)9.14キロ

合計:70.14キロ(7,014円寄付しました!)

▼走れば走るだけ寄付のチャレンジはこちら

ゴビ砂漠マラソンと同じ距離の250キロを走って認定NPO DxPを応援します!

ゴビ砂漠マラソンと同じ距離の250キロを走って認定NPO DxPを応援します!|Syncable
通信制高校・定時制高校の高校生に特化してサポートする認定NPO法人D×P代表の今井紀明さんがゴビ砂漠マラソン250キロに挑戦します!大人がいくつになっても挑戦できる姿を見て、子どもたちが何かを感じるきっかけになってほしいと、灼熱の砂漠で250キロも走る、今井さんのチャレンジに感銘を受けました。201

 

投稿者プロフィール

鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
アメリカ、オランダ、ドイツ、カンボジアでの海外生活15年の青森県民。現在は東京都在住。認定ファンドレイザー。社会的インパクト・マネジメント/ITコミュニケーションとファンドレイが守備範囲。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました