【報告】NPOパワーアップ講座「クラウドファンディング わくわく活用術」

WORK

2021年10月2日(土)の13:30~15:00に西東京市市民協働推進センター「ゆめこらぼ」主催の講座「NPOパワーアップ講座『クラウドファンディング わくわく活用術』」で講師を務めました。

令和3年度NPOパワーアップ講座「クラウドファンディングわくわく活用術」 | ゆめこらぼ
日時:10月2日(土) 13:30-15:00開催方法:オンライン(Zoom) クラウドファンディングのサポートに関わるプロが、始め方から成功の秘訣まで教えます。市民活動の資金集めを考えている方必見です。 講師:鎌倉幸子氏公益社団法人シャンティ国際ボランティア会カンボジア事務所図書館事業コーディネーター、東京事務所で広...

Readyfor?CAMPFIRE?

クラウドファンディグをしてみたいと方が、最初に悩むのが

「どこのサービスを使ったらよい?」

ということです。

Readyfor、CAMPFIIREなのか、MakuakeかMotion Gallaryかなど、たくさんプラットフォームがある中「どれを使えばよいですかね」という質問が一番多いです。

そのプロジェクトの内容と一番相性の良いプラットフォームを選ぶお手伝いをしています。

どんな経験も踏まえ、今日は「よく聞かれる質問」に答える形でお話をさせていただきました。

  • どのプラットフォームを使えばよいの?
  • All-or-NothingとAll-Inの違いはなに?
  • クラウドファンディングの実施期間はどれくらいが妥当?
  • 文章を作成する際、気を付けるポイントは?
  • リターンは何を準備したらよいの?
  • 目標金額はいくらにするのが妥当?
  • 広報のコツは?

1時間半の講演なので、すごく駆け足での講演になってしまいましたが、やってみようと思った時「あれどうだっけ?」と、つまずくポイントを凝縮してお話ししました。

今回お声がけいただきました西東京市市民協働推進センター「ゆめこらぼ」の皆さま、ありがとうございました!

ゆめこらぼのサイトはこちらから

ヒッポファミリークラブ「多言語ワークショップ&講座」 | ゆめこらぼ
西東京市市民協働推進センターゆめこらぼ

いま、伴走支援をしているクラウドファンディグプロジェクト

コロナで24時間気が抜けない福祉施設職員へコーヒーに乗せて『やすらぎ』を届けたい

コロナで24時間気が抜けない福祉施設職員へコーヒーに乗せて『やすらぎ』を届けたい
24時間コロナ禍で気が抜けない福祉施設職員に「お疲れさま」の気持ちを込めて、たった一杯のドリップコーヒーを贈りたい。イタリアナポリ地方の文化『サスペンテッドコーヒー』というやり方でクラウドファンディングを行います。二人分のコーヒーを買って応援。一杯分は応援してくだった方へもう一杯分は福祉施設職員へ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました