【参加者募集】社会的インパクト・マネジメント研修 基礎コース<11月27日(水)、28日(木)@早稲田>

社会的インパクト評価による事業改善や意思決定を、組織文化にする「社会的インパクト・マネジメント」です。

活動によって生まれる変化・成果をしっかりと捉え、事業を振り返りながらより良い成果を創り出していくプロセスを学びます。少人数形式で、体系的に習得できる2日間のプログラムです。鎌倉は講師を務めます。

詳細・お申込みはこちらから

東京青森県人会 2019年度の会員証が届きました!飲食や買い物の割引が受けられる優れモノです

青森を応援!

東京青森県人会の会員です。先日、2019年度の会費を納めたので、新しい会員証が届きました。

東京青森県人会は、1947(昭和22)年に設立された歴史のある組織です。会員は青森県出身者や縁故者であればだれでもなることができます。

団体の目的は会員同士の親睦を図り、併せて郷土の発展に寄与することです。

会員証にも「ふるさとの農林水産を応援します」の文字が書かれています。

親睦を深めるイベント多し

「県政を聞く会」「総会」など、会員同士が親睦を深めるイベントが企画されています。

毎年、東京で開かれる青森人の祭典や、学校の同窓会のお知らせなど、東京青森県民会に入っていたら情報が届きます。

毎月、「東京と青森」という会報誌が郵送で届き、その中には「青森のいま」やイベントがわかる情報が満載です。

会員証の特典!

会員証を見せると、買物・飲食などの割引やサービスを受けることができるお店があります。

こちら一覧のリストが毎年、新しい会員証とともに届きます。

私が飲み会の幹事をやると、ここに載っているお店が選ばれる率高し!

ワンドリンク目が無料でも、お店に行けば、それ以上に飲み食いしますからね。お店にとっても、青森をPRしたい東京青森県民会にとっても、青森を応援したい会員にとってもwin-win-winですね。

東京暮らしのなかにも故郷を感じ・考えられるコミュニティに属していると、なんか安心感があります。

▼東京青森県人会の公式サイト

東京青森県人会 | ふるさと青森を東北を応援する人たちの集まりです。 県出身者以外でも、青森に行ったことがある、食べ物やお酒が好き、行ってみたい、興味ある、すべての人たちへ

投稿者プロフィール

鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
アメリカ、オランダ、ドイツ、カンボジアでの海外生活15年の青森県民。現在は東京都在住。認定ファンドレイザー。社会的インパクト・マネジメント/ITコミュニケーションとファンドレイが守備範囲。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました