青森の迎賓館「ホテル青森」のカフェでハンバーグランチをいただきました

青森を応援!

再入院をしていた父が退院したので、ちょっと贅沢なランチをいただくことに。

1967年開業の青森県でも老舗のホテル「ホテル青森」の1階にあるカフェレストランスワンに行きました。

カフェスワンのメニューはピラフ、スパゲティ、カレーライスと肩ひじが張らない、けど本格的な洋食を楽しめるのが嬉しいです。

母は帆立とアオサのスパゲティをオーダー。

私と父は、ハンバーグステーキセットを頼みました。

ハンバーグステーキセットにはスープとサラダ、そしてドリンクがついてきます。

今日のスープは冷製のポタージュスープでした。サラダには新鮮な野菜とポテトサラダが盛られていました。この小さめのサイズもちょうどよかったです。

ハンバーグが登場。デミグラスソースは自分のお好みの量をかけていただきます。

上にのっているのは卵です!ナイフで切り込みを入れると、中から黄身がじゅわっと出てきました。

ハンバーグとデミグラスソースと玉子が混ざり合うハーモニーを堪能しました!

入院していた父が「自分の食べたいものを選べるって嬉しいね」といっていました。入院中、ごはんが出るのがありがたいことですが、メニューは決まっていますからね。

入院中体重が落ちてしまった父ですが、シャバのごはんを食べて、元気を取り戻してもらいたいです!

病み上がりの父が「おいしい」と完食したホテルのランチ、おすすめです。

関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 青森駅

投稿者プロフィール

鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
アメリカ、オランダ、ドイツ、カンボジアでの海外生活15年の青森県民。現在は東京都在住。認定ファンドレイザー。社会的インパクト・マネジメント/ITコミュニケーションとファンドレイが守備範囲。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました