【参加者募集】HLS塾 vol.19 『クラウドファンディングでよりよい社会をつくる、夢の実現を加速させる 〜クラウドファンディング入門編』@青森県弘前市

クラウドファンディングという言葉はかなり一般的になってきましたが、まだ「どのようにスタートすればよいのか」と実行するのに足踏みをしてしまう方が多くいらっしゃいます。

またクラウドファンディングのサイトを立ち上げれば自然と支援が入ってくると準備が不十分なままスタートさせてしまい、プロジェクトが不成立になるケースも多々見られます。

今回は、クラウドファンディングとは何かという基本的な話から、成功するクラウドファンディングの企画と計画の進め方のノウハウ、そして全国の事例を紹介します。

詳細・お申込みはこちらから

年間7万円近くかかるコンタクト代。レーシック手術を受けるか悩んでいます

レーシック手術

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/iza1192/sachi3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/iza1192/sachi3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

今日は、コンタクトをオーダーしにビックカメラに行きました。

私はいま1日使い捨てのソフトコンタクトを使っています。

乱視がひどく高校生のときからハードコンタクトを使っていますが、ハードコンタクトをするとすぐに目が充血してしまいます。ゴミが入ったらすごく痛くなるので(道を歩いているときでも)、目薬やアイボンが手放せませんでした。

東日本大震災以降、乱視用のワンデーコンタクトにしました

なにより東日本大震災を経験し、「コンタクトが洗えない」可能性を感じ、それ以降、ワンデーのソフトコンタクトをするようにしました。

ハードコンタクトは毎日外して、浅めに入れる前に、洗浄液をつけて洗う必要があります。カンボジア駐在時代、ハードコンタクトをしていました。断水のときにはミネラルウォーターで洗うしかありませんでした。しかし断水が数日続くと、飲み水にもみんなが困る中、コンタクトを洗うために使うのは気が引けます。

眼鏡も持っていますが、慣れていないためか頭が痛くなってしまいます。また、高校生のときに、落として割ったことがあります。そうなると困るなと思いました。

レーシック手術が気になっていますが、怖くもあります

乱視用のソフトコンタクトにしてから目の充血などのトラブルはなくなりましたが、1年に7万円近くかかるので出費が痛いです。乱視用は通常のよりも割高ですし。

そこで、レーシック手術を受けようか考えています。

でも、目にメスを入れるのが怖いなーと。

取りあえず1年分買ったので、1年かけて、これからどうするか考えたいと思います。ちなみに、1年分のワンデーのコンタクト代は67,992円でした。

Facebookに記事を書いたところ、レーシック手術について多くのご意見をいただいています。

気持ち的には、レーシック手術を受けようかと思い始めました。

字を読むために気になりハズキルーペをかけてみた。

タイトルとURLをコピーしました