【参加者募集】社会的インパクト・マネジメント研修 基礎コース<11月27日(水)、28日(木)@早稲田>

社会的インパクト評価による事業改善や意思決定を、組織文化にする「社会的インパクト・マネジメント」です。

活動によって生まれる変化・成果をしっかりと捉え、事業を振り返りながらより良い成果を創り出していくプロセスを学びます。少人数形式で、体系的に習得できる2日間のプログラムです。鎌倉は講師を務めます。

詳細・お申込みはこちらから

私たちっていつか失業するのが最大の夢(鎌倉幸子)~ポッドキャスト「Fairly」の第3回目のインタビューが公開されました

メディア掲載

フェアーでよりよい社会を志向する活動、人、組織を応援し、フェアーでよりよい社会づくりに資する」をビジョンに、国際協力・開発協力、NPO/NGO、ソーシャルビジネス、多様な価値観を共有するポッドキャストであるFairly(フェアリー)に出演しました。

3回シリーズの最終回が公開されました!

3回目「私たちっていつか失業するのが最大の夢(鎌倉幸子)」が公開

第1回目「難民キャンプの中に図書館があった」、第2回目「支援物資を第二の災害にしてはいけない」に引き続き第3回目のインタビューが公開されました。

ファンドレイジング、アドボカシー、バースデードネーションなどについて広くお話をさせていただきました。

番組のタイトルにある「私たちっていつか失業するのが最大の夢」はNGO・NPOの究極のゴールです。取り組んできた社会課題が解決し、仕事がなくなるのがゴール。(逆に仕事をキープするために、課題解決に急がない団体があったら本末転倒)

エチオピアと日本をつなぎました

今回ご依頼をくれたのはエチオピアで国際協力の仕事に携わっている高橋逸郎さんです。

2013年に開催されたアジア最大のファンドレイジングのイベントファンドレイジング日本で私の話を聞いてくれたそうです。

そのときからTwitterでつながっており、今回の依頼になりました。ありがたいことです!つながりに感謝。

番組はこちらからどうぞ!

‎Fairly.fm: 103 私たちっていつか失業するのが最大の夢(鎌倉幸子) on Apple Podcasts
‎Show Fairly.fm, Ep 103 私たちっていつか失業するのが最大の夢(鎌倉幸子) - Apr 18, 2019

▼関連記事です

難民キャンプの中に図書館があった(鎌倉幸子)~ポッドキャスト「Fairly」の第1回目のインタビューが公開されました
フェアーでよりよい社会を志向する活動、人、組織を応援し、フェアーでよりよい社会づくりに資する」をビジョンに、国際協力・開発協力、NPO/NGO、ソーシャルビジネ...
支援物資を第二の災害にしてはいけない(鎌倉幸子)~ポッドキャスト「Fairly」の第2回目のインタビューが公開されました
フェアーでよりよい社会を志向する活動、人、組織を応援し、フェアーでよりよい社会づくりに資する」をビジョンに、国際協力・開発協力、NPO/NGO、ソーシャルビジネ...

▼関連のツイッター

 

 

投稿者プロフィール

鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
アメリカ、オランダ、ドイツ、カンボジアでの海外生活15年の青森県民。現在は東京都在住。認定ファンドレイザー。社会的インパクト・マネジメント/ITコミュニケーションとファンドレイが守備範囲。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました