バイヨン(BAYON)神楽坂で本場カンボジア料理がいただけるお店

箸を片手にどこまでも

1998年から2007年までカンボジアに駐在していました。毎日、現地のごはんを食べていたので、いまでも東南アジアのごはんが食べたくなります。

最近、タイ料理屋さんは増えているのですが、私がいたカンボジア料理のお店は都内でも数軒しかありません。

その中でも、神楽坂にあるバイヨン(BAYON)は、カンボジア人のシェフがつくる本場の料理が楽しめるお店です。

神楽坂の裏道にある隠れ家で本格的なクメール料理を楽しむ

Googleマップのナビを見ながら歩いていると、神楽坂の喧騒がどんどん静かになり「本当にお店があるのだろうか」と一瞬不安になるかもしれません。

そんな不安を一蹴するがごとくの派手なサイン!

都内でも珍しいカンボジア料理のお店「バイヨン(BAYON)」です。

バイヨンは、世界遺産アンコールワットの遺跡のひとつです。

ランチはオール880円です

ランチは6種類から選べます。どのメニューも880円です。

迷ったのですが、豚骨と野菜のスープクイティウ(クイティウ=細い米面)をセレクト。

クイティウや、その下にある豚のせごはんは昼食ではなく朝食に食べていました。

「朝からよくその量を食べるな」と思われるかもしれませんが、当時、オフィスの始業時間が7:30。お昼休憩の11:30までがっつり仕事なので、朝ごはんをしっかりとらないと辛いのです。

その代わり11:30からの昼休みは14:00まで2時間半あったので、昼食後昼寝をしていました。

カンボジアの布がエキゾチック。

壁のタペストリー。

クイティウには、チュルッ(ニンジンとダイコンのカンボジア風甘酢漬け)とサラダがついてきます。

こちらはチュルッです。

キター!

こちらがクイティウです。

お米の麺はとっても消化によいです。また見てに通りスープもあっさりしているので、おなかにもたれません。

カンボジアのビール「アンコールビール」もあります!

カンボジア料理って想像がつかないかもしれませんが、辛すぎず、脂っこくなく、日本人からしたら食べやすい料理です。

バイヨン、おすすめです。今度は久しぶりに、夜に行きたいです。

関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 牛込神楽坂駅飯田橋駅神楽坂駅

投稿者プロフィール

鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
アメリカ、オランダ、ドイツ、カンボジアでの海外生活15年の青森県民。現在は東京都在住。認定ファンドレイザー。社会的インパクト・マネジメント/ITコミュニケーションとファンドレイが守備範囲。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました