【参加者募集】佐々涼子さん「エンド・オブ・ライフ」(集英社インターナショナル)発売記念トークイベント!<2月24日(月・祝)釜石市>

本を読む

釜石市及び近郊のみなさーん (」゚Д゚)」オ───イ!!
2月26日(月・祝)釜石市で待ってます

ノンフィクションライター佐々涼子さんの新刊「エンド・オブ・ライフ」(2月5日)の刊行を記念して、釜石市の桑畑書店さん主催のトークイベントが開催されます。

■日時:2月24日(月・祝)15:00~

■場所:SOMPOケア釜石
https://www.sompocare.com/service/zaitaku/kaigo/Z000504
(※桑畑書店さんの隣)

■参加費:入場無料

■プログラム
佐々涼子さんが釜石リージョナルコーディネーター(釜援隊)隊長の二宮雄岳さんと対談します。

■お問い合わせ
桑畑書店
0193-22-3399

「エンド・オブ・ライフ」発刊記念 佐々涼子さん・二宮雄岳さんトークイベント
文学 event in 岩手県 釜石市 by 桑畑書店・有 on 月曜日, 2月 24 2020

私の勝手な見解の今回の見どころ

「エンド・オブ・ライフ」(集英社インターナショナル)

・「エンジェルフライト 国際霊柩送還士」(集英社文庫、第10回開高健ノンフイクション賞)
・「紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている」(ハヤカワ・ノンフィクション文庫、ダ・ヴィンチ(エッセイ・ノンフィクションランキング)「BOOK OF THE YEAR 2014」第1位、他)

佐々さんはつねに命と向き合っているノンフィクション作家です。

誰でも命がある。光り輝くときもあれば、暗黒の中でひっそりと息を殺す瞬間もある。そして、その灯はいつか消える。

どの作品も、一人ひとりの命と、その命に寄りそう「誰か」が描かれています。エンジェルフライトは失われた命を、家族との対面の前に魂を入れる人たちの話でした。

「エンド・オブ・ライフ」の紹介文を読むと「理想の死の迎え方について書いた本」とされていますが、その一言では語りつくせない想いが詰まった一冊だと思います。

著者から、この本について直接話が聞ける貴重な機会です。

釜援隊の二宮雄岳さんとの対談!

住民・行政・企業・NPO…まちづくりに関わる様々な人や組織をつなぎ、官民一体の復興まちづくりを推進する「まちづくりの調整役」である釜援隊の二宮雄岳さん。

この仕事について尋ねたとき、二宮さんは「あかりをともす」と答えました。

二宮雄岳

仕事の業種は違えども、佐々さん、二宮さんという「ひとにあかりをともす」2人が対談の中で何を語るのか、私は楽しみでなりません。

復興の書店「桑畑書店」さん主催

「本屋を経営しています。大震災では店と自宅が全壊し、一億円以上の被害を受けました。市内中心部の復興住宅1階のテナントに出店し、再出発しました。わずか17坪の小さな店です。東京都立大卒」

Twitterの桑畑さん( https://twitter.com/kuwa_hon )のプロフィールです。

「復興の書店 」(小学館文庫)に東日本大震災のあと復興した書店として取り上げられています。

でも私は「復興より継続」を応援したい。

17坪のお店ですが、地域資料が充実しています。思いを持って選書されているのがわかるお店です。

震災から9年。復興の書店が、継続のために奮起している姿を見に来てほしい!

今回のイベントに来られない全国のみなさま、釜石観光の際にはぜひお立ち寄りください!

佐々涼子さんのサイン会あり!

佐々さんのサイン会があります!

佐々さんファンのみなさま、3連休の最後は、釜石へどうぞ!

私がいます

会いにきてください(笑)

お待ちしています!

2月24日に開催するトークイベントが近づいてきました。少しずつですが参加者が増えています。佐々涼子さんの友人で東京で「かまくらさちこ株式会社」を経営する鎌倉幸子さんも参加されます。鎌倉さんは震災後図書館が流出した陸前高田市や大槌町で移動図書…

桑畑書店・有さんの投稿 2020年2月15日土曜日

タイトルとURLをコピーしました