【参加者募集】HLS塾 vol.19 『クラウドファンディングでよりよい社会をつくる、夢の実現を加速させる 〜クラウドファンディング入門編』@青森県弘前市

クラウドファンディングという言葉はかなり一般的になってきましたが、まだ「どのようにスタートすればよいのか」と実行するのに足踏みをしてしまう方が多くいらっしゃいます。

またクラウドファンディングのサイトを立ち上げれば自然と支援が入ってくると準備が不十分なままスタートさせてしまい、プロジェクトが不成立になるケースも多々見られます。

今回は、クラウドファンディングとは何かという基本的な話から、成功するクラウドファンディングの企画と計画の進め方のノウハウ、そして全国の事例を紹介します。

詳細・お申込みはこちらから

3月は東北の地で、震災復興に思いを寄せる「図書館総合展2015 フォーラムin一関」


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/iza1192/sachi3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/iza1192/sachi3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

公共・大学・機関・企業・大学・学校等すべての館種の図書館についての、最新技術・サービス・トレンド・学術情報を紹介する、図書館界最大の展示会である図書館総合展ですが、毎年、地方開催も行うようになりました。

今年の3月は岩手県一関市での開催です。

東日本大震災からの復旧復興に思いを馳せ、学びを得るための場になれば、と思い運営委員会一同、企画をしています。
 
フォーラム翌日には、図書館見学バスツアーも行います。

私は3月14日当日の、パネル討論「東日本大震災と岩手-図書館の復旧と復興支援」の司会・振興と、次の日のバスツアーのガイドをします。

東北が今どうなっているのか、行ってみたいけど機会を失っていた方。今、でしょう!お待ちしております。
 

16103203248_9422fc1278_b

図書館総合展2015 フォーラムin一関

日時:2015年3月14日(土)12:30-17:35
 
場所:一関文化センター(岩手県一関市) 

対象者:図書館に関心のあるすべての方(一般の方々の参加も歓迎です)
費用:無料

12:30 開会
基調講演:3.11を忘れまい~作家活動をとおして考える~ 及川和男(一関市立一関図書館 名誉館長)
共催者事例報告:一関図書館開館までの歩み 小野寺篤(一関市立一関図書館 館長)
パネル討論1:東日本大震災と岩手-図書館の復旧と復興支援
 司会:鎌倉幸子(シャンティ国際ボランティア会 広報課長兼東日本大震災図書館事業アドバイザー)
 パネリスト:小野寺篤(一関市立一関図書館 館長)
 パネリスト:澤口祐子(岩手県立図書館 特命課長)
 パネリスト:長谷川敬子(陸前高田市立図書館 副主幹)
パネル討論2:震災アーカイブの構築と活用
 司会:岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー)
 パネリスト:遠山正宏(岩手大学研究交流部学術情報課図書館 資料管理グループ主査)
 パネリスト:竹内秀樹(国立国会図書館 電子情報部電子情報流通課長)
 パネリスト:羽沢真智子(株式会社NTTデータ東北 公共事業部営業部)
17:35 閉会

■懇親会
日時:3月14日(土)17:30~19:30
場所:蔵元レストラン せきのいち
会費:5,000円(当日お支払いください)

■図書館見学バスツアー
フォーラム翌日の15日(日)、図書館を見学するバスツアーを2つのコースで行います。

『走れ!移動図書館』
鎌倉幸子と行く~陸前高田市と気仙沼市の図書館を訪れるバスツアー~

9:00~17:00 一ノ関駅発/着
参加費:5,000円(当日、お支払いください。)
コース:一関ノ駅発→気仙沼市図書館→(昼休憩)→陸前高田市(仮設 陸前高田市立図書館ほか)→一ノ関駅着
※昼食は、復興食堂等で各自おとりいただきます。

東北の図書館員と巡る
~一関の図書館を訪れるバスツアー~

10:00~17:00 一ノ関駅発/着
参加費:3,000円(当日、お支払いください。)
コース:一ノ関駅発→花泉図書館→川崎図書館→(昼休憩)→東山図書館→石と賢治のミュージアム(双思堂文庫)→一ノ関駅着
※各館での見学時間は約1時間を予定しています。
※昼食は道の駅・かわさきなどで各自おとりいただきます。

 

タイトルとURLをコピーしました