20.02キロを走りました!走って確認したかったこと、確認できたこと【大阪マラソン2019まで161日】6月23日(日)

大阪マラソンへの道

6月20日(木)に20キロ走る宣言をしました。

ゆっくりでもまずは20キロを走ることにしたのは、こちらの本を読んだ影響です!

いまは週4回

・ジョギング30~60分×3回

・長く走る15~20キロ(ゆっくりでいいからたまには長い距離を走る)

トレーニングをしています。

今日のトレーニング

故障しない足をつくるために筋トレをしています。

今日、スクワットは休息日。

昨日、休息日だったプランク。今日は昨日に引き続き45秒に挑戦。

30秒は余裕だと思ったのですが、+15秒の壁は高い!これからどんどん時間が伸びています。しっかりと体幹を鍛えよう。

そして今日はロングランへ。最初は2時間走ろうと思ってスタートしましたが、2時間も走っていると20キロが見えてきたのと、まだ走る体力が残っていたので20キロランへ変更しました。

曇り空で、気温も高くなかったので走れましたが、夏本番をどのように切り抜けるかを考えないといけません。

ちょうど1時間走ったところに自動販売機があります。ここでポカリスエットを購入しました。

いやぁ、ポカリスエットがこんなにおいしい飲み物だったのか(笑)

ポカリスエットは飲みすぎて二日酔いの日に飲んでいました。

真逆の超健康的な生活にいまはなっていますね。いい傾向。

フルマラソンの半分の距離の感覚がつかめた

20キロを走りきりました!

20キロにこだわったのはフルマラソンの半分の距離感ってどんな感じなんだろうか、想像がつかななかったため。

ゆっくり走ったのも、スピードを追求するときではまだないから。

ゆっくりでも20キロ走りきれるのか、それで走ったコンディションはどんな感じかを試しました。

1キロ8分台のロングスローディスタンス(LSD)で20キロ走りましたが、

・息があがらない

・心臓がバクバクしてしまうこともない

・足の痛みもない

・もう少しスピードをあげられそう

・3時間でゴールするハーフマラソンは完走できそう

ということです。もう少し負荷をかけても大丈夫そう。ただ

・どのタイミングでスピードをあげればよいのか

・どれくらいのスピードまであげられるのか

は、走りながら検証していくしかありませんね。

今日の体重と体脂肪

体重はまだ70キロ台。なかなかしぶとい。

あれ、昨日、体脂肪率が36%ジャストだったのに、今日は37.9%にアップしてしまいました。その代わり体重がちょぴっと減りました。

それでも体脂肪が40%だった頃を考えると体脂肪率が減ってちょっと気持ちが楽です。

体重:70.2キロ(MAX時からマイナス2.2キロ)

体脂肪:37.9%(MAX時からマイナス3.3%)

開始時(2018年11月17日MAX):身長162.2㎝、体重72.4キロ、体脂肪率41.2%

いつもだったら数字に劇的な変化がないよーといってトレーニングを止めてしまいますが、今回はコツコツ、止めずにやっていきます。

チャリティランナーとしてファンドレイジングに挑戦中

今回「誰も取り残さない」を目標にして南アジアの人々の生活上の問題解決に向けた活動を続ける「特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会」(シャプラニール)の「過酷な児童労働からの解放へ!バングラデシュの少女たちに教育を。」の実現のためチャリティランナーに申し込みました。

今回応援をいただいた支援金額がすべてシャプラニールの活動資金となります。

女の子たちの未来のために応援をお願いします!

1キロ走るごとに100円を認定NPO法人D×Pに寄付します

通信制高校・定時制高校の高校生に特化してサポートする認定NPO法人D×Pに1キロ走るごとに100円を私が寄付しています。

6月10日(月)3.40キロ

6月14日(金)7.25キロ

6月16日(日)11.18キロ

6月18日(火)7.35キロ

6月20日(木)8.28キロ

6月23日(日)20.02キロ

合計:57.48キロ(5,748円寄付しました!)

▼走れば走るだけ寄付のチャレンジはこちら

ゴビ砂漠マラソンと同じ距離の250キロを走って認定NPO DxPを応援します!|Syncable
通信制高校・定時制高校の高校生に特化してサポートする認定NPO法人D×P代表の今井紀明さんがゴビ砂漠マラソン250キロに挑戦します!大人がいくつになっても挑戦できる姿を見て、子どもたちが何かを感じるきっかけになってほしいと、灼熱の砂漠で250キロも走る、今井さんのチャレンジに感銘を受けました。201

 

 

タイトルとURLをコピーしました