会津城下から3番目の宿駅・大内宿にある高倉神社に行ってきました(福島県南会津郡下郷町)

大内宿 福島県南会津郡下郷町 旅する

「大内宿にいくとよいよ」と福島の方から聞いて、行ってきました。

大内宿は、会津城下と下野の国(しもつけのくに)(栃木県日光市今市)を結ぶ全長130キロメートル(32里の区間)の中で会津城下から3番目の宿駅として1640年ごろに整備された宿場町です。

会津西街道は関東側からの呼称で、会津側からは下野街道(しもつけかいどう)あるいは南山通り(みなみやまどおり)とも称されていた。会津藩主の18回に及ぶ江戸参勤と江戸廻米の輸送と、当時会津藩と友好関係にあった米沢藩・新発田藩なども頻繁に利用した重要路線でした。

「由来」(大内宿観光協会)
http://ouchi-juku.com/index.php?History

昔ながらの宿場町の風情を残しています。

大内宿 福島県南会津郡下郷町

観光地から少し離れたところに神社があるのを発見

週末だったこともあり、観光客がいっぱい!ふと、山の方に目を向けると、神社の鳥居が見えました。

せっかくなのでお参りしにいくことに。

大内宿 福島県南会津郡下郷町

鳥居です。ここから少し丘を登ります。

大内宿 福島県南会津郡下郷町

手水舎の水は、自然に流れる水を利用しています。

耐えに柄杓が差してありました。

大内宿 福島県南会津郡下郷町

水が冷たくて気持ちいい。

大内宿 福島県南会津郡下郷町

透明度が高い。

大内宿 福島県南会津郡下郷町

こちらが高倉神社の本殿です。

後白河天皇の第三皇子で、源頼政の勧めで平家を倒すため令旨を発し、兵を挙げましたが宇治平等院での戦いで敗れ、逃亡した高倉以仁王(たかくら もちひとおう)が祀られています。

大内宿 福島県南会津郡下郷町

水と空気がおいしい!山内宿でまち歩きを楽しむ

きれいな水がこんこんとわいています。

大内宿 福島県南会津郡下郷町

ちょうど紅葉の時期でした。いろとりどりの葉を楽しめました。

大内宿 福島県南会津郡下郷町

自然の水でラムネやサイダーが冷やされていました。もちろん、ビールも。

大内宿 福島県南会津郡下郷町

空気と水がきれいなまちにいくと、パワーチャージができますね。

大内宿 福島県南会津郡下郷町

近くには温泉もあるので、今度は泊まって、ゆっくりと自然を愛でたいです。

「大内宿」の公式ページはこちらから

奥会津の観光スポット「大内宿」|大内宿観光協会
会津若松市の観光スポットやグルメランチ、喜多方ラーメンのおすすめ情報も掲載。求人や居酒屋、美容室、エステの店舗も紹介する地域情報サイトがぐるっと会津です。

Googleマップはこちら!

タイトルとURLをコピーしました