弘前中央高校創立120周年記念事業「記念誌」の原稿執筆依頼をいただきました

ライティング

1901(明治34)年創立の我が母校・弘前中央高等学校が2021年に120年を迎えるにあたり「創立120周年記念誌」を出すそうです。同窓会の推薦をいただき、記念誌に原稿を寄せることになりました。

こちら執筆依頼から抜粋しました。

「不易流行」を特集テーマに設定いたしました。同窓生諸兄諸姉の方々に当時を回想していただくことで、関係の方々に「変わるもの」と「変わらないもの」について思いをいたしていただき、次の代へ伝統を継承していきたいと考え企画しました。在学当時を思い返していただき、今に続く弘前中央高校の核となっている部分について記録することで、次の150周年に繋げてまいりたいと存じます。

未来に繋げられるように、しっかりと文章におこしてまいります。

「弘前中央高校創立百二十周年記念誌」専用の原稿用紙も同封されていました。すごくレアアイテム!

〆切は2020年6月30日(!)ですが、早めに書いて送るようにします。

投稿者プロフィール

鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
アメリカ、オランダ、ドイツ、カンボジアでの海外生活15年の青森県民。現在は東京都在住。認定ファンドレイザー。社会的インパクト・マネジメント/ITコミュニケーションとファンドレイが守備範囲。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました