サイン本を作ることは、店と著者のとの覚悟の証なのだ

紀伊國屋書店弘前店に私のサイン本5冊が並んでいます。

B0npixzCIAAWTKj

弘前市男女参画センターで行った講演会の際、地元の紀伊国屋書店に来ていただき『走れ!移動図書館』(ちくまプリマー新書)の販売を行いました。

参加者が帰宅し、そろそろ片付け・・・となった時に、販売に来てくれた紀伊國屋書店弘前店の店長さんが

「本にサインをお願いできますか」

と、

すっと、5冊を私に渡してくれました。

鎌倉:「い・・・・いいんですね。返本できませんよ」

店長:「・・・・大丈夫です」(`・ω・´)キリッ

 
鎌倉:Σ(゚д゚;)

ということで、5冊にサインをさせていただきました。

早速、本日より店頭に並んでいます。

販売委託制度によって書店から問屋さんである取次に返品されます。

ただサインをしたらその本は売れ残っても返品することができない。

つまり著者と本屋さんの覚悟の上に成り立つものだと・・・最近学びました。

その覚悟に乾杯!

■紀伊國屋弘前店■

住所:弘前市土手町126
TEL :0172-36-4511 FAX :0172-36-6186

HP :http://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Hirosaki-Store/

Twitter: https://twitter.com/Kino_Hirosaki 

責任を感じつつ、たくさんの方に読んでもらえればと願ってやみません。

タイトルとURLをコピーしました